【おうちで親子英語】100万円の英語教材より大事な○○とは?

Hello there!
「笑顔と英語で親子ミュニケーション」を提案しているJoy!English!の高島たかこです。

今日は「100万円の英語教材より大事な○○」についてお話しようと思います。

子ども英語に大切なのは「よい教材を用意すること」?

英語の教材は本やCD、映像教材やタブレットなど、本当にいろんなものがあるので、いざ英語を学ぼう!または、お子さんのために何か用意しよう!と思っても、どれを選べばいいのかわからないという方も多いですよね。実際、私のレッスンの生徒さんのお母さんたちも、おすすめの絵本や教材について質問をくださる方が多いです。

特に、小さなお子さんから取り組めるような映像教材については、購入前に相談されることが多いのが現状! というのも、100万円もするような高価なものもある中で、「これを使ったらうちの子もバイリンガルに?」とワクワクする方や、「自分の教材にもなりそうだし…」と、独身時代の貯金で購入した!という方も。

私も実際、購入した方のご自宅に伺った時に、実際に見たり触ったりして思ったのは、「教材自体は悪くない」ということでした。それでも、私がその教材を購入したかといえば答えはNo! というのも、子ども英語に大切なのは「よい教材を用意すること」ではない、と思っているからなんです。

Sponsored Link

子ども英語に一番必要な教材とは…?

私が英語の学習、特に子ども英語に必要だと思っているのは「体感」なんです。そして、お子さんが小さい時は、伴走してくれる人がいるかどうかで、効果も変わってくると思っています。

私は対面レッスンだけでなく、「受信型のオンラインレッスン」をずっと続けているのですが、ここで配信している内容は、結構簡単なフレーズですし、テキストや動画のクオリティは、同じ金額を出せば、私のものより素敵なデザインや見やすい動画やテキストを手に入れることができると思うんです。でも、このプログラムは、「英語の時間を日常の中に作る」にコミットしていて、とにかくお母さんたちが続けられるように、ワンフレーズ英会話だけでなく、マインド面や続けるコツを配信して、一緒に伴走することを意識したプログラムになっています。

だから、お子さんに直接見せる教材や音声はなくとも、お子さんと一緒に毎日続けられた!という感想をくださったり、いつの間にかお子さんが英語で数を数えていたり、家庭内でのあいさつは全部英語になっていた!という報告もいただいています。そう、大事なのは、いい教材を選ぶことではなく、お子さんに「体感」する機会を毎日数分でも用意してあげることなんです。

英語を学んでいる時の私は、どんなにいい教材でも、「伴走してくれる人」がいなかったら、毎日の生活に英会話を取り入れることはできませんでした。実際、教材の中で覚えたフレーズよりも、「体感」できたフレーズはずっと覚えていて、「英語が好き」という感情に繋がったり、「英語が得意」という自信にも繋がるきっかけになったんです。

同じ100万円を、英語の費用として使うのなら、私は海外に行って少しでも実践の場を作るか、もしくは海外の留学生を自宅に呼ぶボランティア活動を選びます。だって、英語を学ぶ目的は、「コミュニケーション」ですから。

英語をどうして学んでほしいのか? よかったら一度振り返って、素敵な教材よりも素敵な体感をお子さんに用意してあげてくださいね。

それでは次回をお楽しみに…♡

Joy!English!では、このコラムで書いて欲しいお題や感想をお待ちしております。また、子ども英語で聞いてみたい質問も受付中です。公式LINEよりメッセージをお待ちしております。時々お役立ち情報もUPしていますのでそちらもチェックしてみてくださいね♡Joy!English!公式LINEアカウントは「@iih3625g」を検索して友達登録してね☆(@を忘れずに…!)


この記事を書いた人:高島たかこ(Joy!English)

関連記事

お教室/お店の特徴 楽しく簡単におしゃれでかわいい写真アレンジを学べるコラージュ教室です。 気軽に写真が撮れる時代だからこそ、どんどん増えていく写真。お気に入りの写真や、残してあげたい思い出の写真をボードでアレンジしたり、見[…]

横浜・川崎のママ向けイベント情報が届く公式LINE登録はこちら

親子で楽しめる横浜・川崎のイベント情報やお得な情報を不定期でお届けします。LINE限定情報やイベントの先行予約などお楽しみも盛りだくさん。ぜひ登録してくださいね!

友だち追加
Sponsored Link