【おうちで親子英語】英語は体感すると忘れない

Hello there!
「笑顔と英語で親子ミュニケーション」を提案しているJoy!English!の高島たかこです。今日は「英語は体感すると忘れない」についてお話しようと思います。

私の教室では、小さな赤ちゃんから参加できる親子向けの英語のレッスンも開催しているので、時々、「子どもが小さなうちに一生懸命通って英語を覚えても、将来忘れてしまいませんか?」という質問をいただきます。

体感させることの大切さ

英語に限らず、子どもの時できた算数の問題の解き方を忘れてしまったり、難しい漢字を書けなくなってしまった経験がある方は多いと思います。英語も同じように、普段使わないフレーズやテスト勉強で詰め込んだ単語は、意外とすぐに忘れてしまったり…。その事実を知っているからこそ、私は英語のレッスンで意識していることがあります。それは「体感させてあげる」ということです。

私が幼い頃に最初に覚えた英語のフレーズは、「Pass me the jam, please!」でした。「ジャム取って」というこのフレーズを、私は日常でよく使っていたのです。私はこのフレーズを勉強して覚えたのではなく、実際に何度も使うことで覚えました。「通じた!」と嬉しくなったり、話すことで褒められたり、という経験を積んできたのです。

机に向かって覚えたフレーズはすぐに忘れてしまうものですが、「体感」を伴ったフレーズというのは、そう簡単には忘れないものです。「会話」だけでなく、お母さんが読んでくれた絵本のフレーズだったり、兄弟で一緒に歌った歌の歌詞だったり、夢中になって見た海外のアニメや映画、ドラマのセリフやタイトルなんかもそうです。自分の思い出や経験が伴ったものというのは、英語に限らずそのシチュエーションとともに、大人になってもずっと覚えているものなのです。

だから私は、小さなお子さんが来てくれる英語のレッスンこそ、この「体感ポイント」をできるだけ多く取り入れることを意識して、レッスンプログラムを作っています。

Sponsored Link

英語が好き!という気持ちを育んで

対面のレッスンであれば、「わかる」「できる」を増やしてあげることだったり、お母さんと「一緒に」楽しめることだったりします。オンラインのレッスンでも、できるだけ日常の中で取り入れられることを意識して、どんどん体感できるポイントを作っています。

私が、たとえママが英語が下手でも、どんどん読み聞かせをしたり、一緒に英語で遊んで欲しい!というのは、「体感」のチャンスが増えるからという理由でもあるのです。

どんなに優秀な教材も、ネイティブの綺麗な発音のCDも、ただそれを使って覚えただけではあっさり忘れてしまう日が来るかもしれません。でも、大好きなお母さんと一緒に学んだり、好きなことに関連させて楽しく学ぶことは、英語が好き!という気持ちを育むことにつながります。幼い頃に英語を学んだ経験が、お子さんの自信になると私は信じています。

英語はもちろん、どんな勉強も、体感させてあげることを意識して、お子さんにはいろんな体験や経験をさせてあげてくださいね。英語はもちろん!大好きなお母さんとの思い出も、お子さんの記憶にたくさん残して欲しいと思っています。

それでは次回をお楽しみに…♡

Joy!English!では、このコラムで書いて欲しいお題や感想をお待ちしております。また、子ども英語で聞いてみたい質問も受付中です。公式LINEよりメッセージをお待ちしております。時々お役立ち情報もUPしていますのでそちらもチェックしてみてくださいね♡

Joy!English!公式LINEアカウントは「@iih3625g」を検索して友達登録してね☆(@を忘れずに…!)


この記事を書いた人:高島たかこ(Joy!English)

関連記事

お教室/お店の特徴 楽しく簡単におしゃれでかわいい写真アレンジを学べるコラージュ教室です。 気軽に写真が撮れる時代だからこそ、どんどん増えていく写真。お気に入りの写真や、残してあげたい思い出の写真をボードでアレンジしたり、見[…]

横浜・川崎のママ向けイベント情報が届く公式LINE登録はこちら

親子で楽しめる横浜・川崎のイベント情報やお得な情報を不定期でお届けします。LINE限定情報やイベントの先行予約などお楽しみも盛りだくさん。ぜひ登録してくださいね!

友だち追加
Sponsored Link