Wake Up! Wake Up! (Springtime Life-The-Flap Books)

0

こんにちは。英語えほんを紹介していますYukaです。

あちこちで色々な花が咲いてすっかり春ですね〜。
春休みに実家に帰省したら庭のチューリップがきれいに咲いていました。
私はマンション暮らしでテラスには鉢植えなども置いていないので、実家の季節を感じられる庭にはいつも癒されています。今日はそんな、春を感じて癒されてしまう絵本の紹介です。

Wake Up! Wake Up! (Springtime Life-The-Flap Books)

新品価格
¥536から
(2015/4/6 10:46時点)

見て下さい!この可愛いイラスト。
以前の投稿でも申し上げましたが、私はイラストの好みがうるさいです。でもこの絵本はイラストでノックアウト!

赤ちゃん〜幼児向きのボードブック仕様に、みんな大好き!めくる仕掛け=”LIFT-THE-FLAP” が各ページについていて、そこに可愛い生き物たちが隠れています。

ストーリーは、ある小さなてんとう虫さんが春になって目を覚まし、うさちゃん、ひよこちゃん、ちょうちょさんの所に順番に起こしに来てくれる、と言うもの。

短いです。文章も1ページに2〜4行で繰り返しも多いので初心者向けと言えます。名作、名文、と言う訳ではありませんが、春の雰囲気を感じる事の出来る内容です。

繰り返しの「おきて!おきて!」は是非小さな虫さんになったつもりで優しく読み聞かせてみて下さい。

ところで、春といえばキリスト教文化下ではイースター祭があります。日本でも近年、イースター関連の雑貨やお菓子なども見かけられる様になりましたので、ご存知の方も増えたのではないかと思います。この絵本はイースターの話ではないのですが、イースター祭のシンボル的動物のうさぎとひよこが登場しますので、欧米人の子ども達が持つ、文化的な背景に基づいた春のイメージも感じる事が出来ると思います。

でもまあ、難しい話は抜きにして、単純に可愛くて側に置いておきたい、縫いぐるみみたいな存在の絵本ですよ。

ではまた次回の英語えほんもお楽しみに〜。

Share.

About Author

読み聞かせヴォランティアサークル「英語の絵本でおはなし会」主催者/一般社団法人日本英語コーチ連盟:子ども英語コーチ 得意な科目は美術(図画工作)と音楽と英語。この3つを活かし子ども英語教室を開いている。子ども達に英語を教えていく中で、洋書絵本の色彩の美しさ、音の響きに魅了され、沢山のママと赤ちゃんに英語と絵本の読み聞かせの素晴らしさを伝えるべくヴォランティアとしても活動中。 "the happy boy" の小学生男子と"the sunshine girl" な幼稚園女子、"the craftman" な夫と共に西区在住。好物はチーズ、辛口白ワイン、トマト系パスタと夫の淹れた珈琲のフルコース。最近チョコレート以外の甘い物に惹かれなくなり、年齢を感じます。勿論いい意味で!

Comments are closed.