Shark In The Park

0

こんにちは。英語えほんを紹介していますYukaです。

日を増すごとに暖かい日も増えてきましたね。お天気のいい日の昼間は、日陰だと風が冷たくても日向はぽかぽかだったりします。さて、水辺、牧場と来て、次は公園に遊びに行ってみましょう!
穴空き仕掛け付きの楽しい絵本の紹介ですよ〜。

Shark In The Park

新品価格
¥881から
(2015/3/14 10:39時点)

ある日ティモシー君が公園に遊びに来て、買ったばかりの望遠鏡を覗いてみると…なんとそこにはサメの背びれ!?

大変!公園にサメがいる〜!!!と思ったらよくよく見ると違った!という繰り返しの展開が面白い本です。

背びれに見えたのは何だったのかはお楽しみにしておきますね!望遠鏡の様に丸くくり抜かれた穴空き仕掛けのページをめくると答えが分かる仕様です。

文章は韻を踏む為にちょっと読むのに苦労する単語も登場します。
例えばティモシー君の姓はPope。これは次にくるtelescopeにかかってきます。でもPopeって…(笑)。試しにTimothy Pope と2回言ってみて下さい。ね?舌を噛みそうじゃないですか?他にも沢山韻を踏んだ単語がちりばめてあるので声に出して読むとリズムがあって楽しいです。イラストも色鮮やかでおもしろ可愛く、愛嬌たっぷりで私は大好きです。

私のオススメの読み方は、ティモシー君と一緒にお手てで作った望遠鏡を覗きながら上下左右を見るまねっこをしながらの読み聞かせです。楽しいですよ!

著者のNick Sharrattさんは面白い絵本を本当にたくさん描いていらしゃいます。仕掛けも斬新な物が多いので遊び心のある方なんだな〜と想像しています。この”Shark In The Park”はシリーズかされていて、近々第3弾も発売されるとか。楽しみです。

ではまた次回の英語えほんもお楽しみに〜!

Share.

About Author

読み聞かせヴォランティアサークル「英語の絵本でおはなし会」主催者/一般社団法人日本英語コーチ連盟:子ども英語コーチ 得意な科目は美術(図画工作)と音楽と英語。この3つを活かし子ども英語教室を開いている。子ども達に英語を教えていく中で、洋書絵本の色彩の美しさ、音の響きに魅了され、沢山のママと赤ちゃんに英語と絵本の読み聞かせの素晴らしさを伝えるべくヴォランティアとしても活動中。 "the happy boy" の小学生男子と"the sunshine girl" な幼稚園女子、"the craftman" な夫と共に西区在住。好物はチーズ、辛口白ワイン、トマト系パスタと夫の淹れた珈琲のフルコース。最近チョコレート以外の甘い物に惹かれなくなり、年齢を感じます。勿論いい意味で!

Comments are closed.