【腰痛に悩むママの救世主】痛みの専門院

0

お教室/お店の特徴

当院の方針は、痛みや病気の原因を解明し、解明した原因を取り除く方法を患者さん自身が行う方法をとっています。
現在、解明できている原因と、原因を取り除く方法の確立ができていることは、腰・でん部・足の痛みや痺れです。
簡単に説明すると、下半身の前面背面問わず、痛みや痺れがある場合、患者さん自身が原因を取り除く方法があるということです。

下半身の痛みは、腰の筋肉の緊張が原因であるため、腰の筋肉が軟らかくなれば、痛みや痺れは消えます。
腰内部でも、痛みや痺れの原因箇所は違いますが、それぞれの症状により指導を行っています。

この方法は、
■痛みがあり上半身を起こせない寝たきり状態
■痛みがあり立てない、歩けない車椅子状態
■痛みで手など上半身が動かせない場合 など、
無理な場合もありますので、このような場合、患者自身で動作ができない場合は、私が補助をしています。
また、家族の方にも指導をしています。

ですから、自分は体が動かないから治すことができないなんてことはありません。

腰・でん部・足の痛みや痺れ、いわゆる腰痛の場合は、ほとんど患者自身が行っています。

横浜ママへのメッセージ

腰痛を抱えたままでは、大切なお子様の育児もしんどくなってしまいます。
子供は敏感です。
お母さんの辛さや心の内を感じ取ります。

お母さんの抱える痛みは、子供にとってもいいものではありません。
元気に、楽しく、子供との時間を共有するためには、お母さんが健康であることが必要です。

私たちは痛みを専門に施術をするだけでなく、自分でも治せる方法を皆様に提案をしています。

[/su_row]

代表プロフィール

坂戸 孝志(さかと たかし)

  • 一般社団法人日本健康機構 理事長
  • 痛みの専門院 院長
  • 腰痛アカデミー 主宰

今では研究者として人体の研究を行っていますが、以前はひどい腰痛患者でした。
18歳のときに事故にあい、2週間後には激痛でピクリとも体が動かせなくなり、その後32歳になるまでコルセットを3つ巻きながら14年間何とか生きていました。
腰、でん部、足への激痛があり、20歳ごろ右足の感覚麻痺になったこともあり、「自分の体もここまでか・・」そんな経験もありました。
18歳19歳ごろは、痛みでどのように体を動かせばいいのかわからず、オムツ生活もしました。

痛みは自分自身のことですから我慢をすればいいのですが、他人に迷惑をかけたくなく、お尻を出しながらトイレに3日座り続けたこともあります。
痛みで三日三晩眠れないこともありました。
コルセットを巻きながらお風呂に入ったりと、今思えばよく生きていたと不思議に思うくらいです。

24時間365日動けなかったわけではなく、調子がよければ3つコルセットを巻きながら仕事もしました。14年間で、一般的に言われるぎっくり腰は、200回以上経験しています。

当然、大きな総合病院から、整体などの民間の治療家を50軒以上渡り歩きましたが、少し改善する程度で治った訳ではなく、 とうとう30歳を過ぎたころからぎっくり腰が2日に1回という動けない状態が続きました。

病院での診断名は、『椎間板ヘルニア』『脊柱管狭窄症』『腰椎変形症』『脊柱側湾症』など、多くの診断名を付けられました。

2003年より、自分の体から痛みや痺れを消すために、自分の身体を用いて数多くの人体実験を行って来ました。
そして、2005年7月には、自分の体から痛みや痺れが消えていきました。

私は痛みや痺れは全て筋肉の緊張で起こっていると考え、今まで世の中の常識を全て忘れました。

「痛みの原因は○○」有名な多くの医師などが、毎日のようにTVに出演し、放送されています。
常識の治療を行っても、全く治らないのですから、これらの常識は嘘であることを体感しました。

ママに優しい、子どもに優しいポイントはここ

  • 施術スペースは広めにとっているのでベビーカーでも楽々入れます。
  • 施術中もお子さんが隣にいながら受けることが可能です。
  • ママの心を落ち着かせる瞑想の指導者がいます(女性指導者)
  • ママの体のケアだけでなく、赤ちゃんの健やかな発達のためのアドバイスもいたします。
屋号 痛みの専門院
住所 〒103-0016
東京都中央区日本橋小網町18-7
小網ビル6F
最寄り駅 東京メトロ・日比谷線、都営浅草線 「人形町」駅 A6出口より 徒歩 約5分
東京メトロ・銀座線、半蔵門線 「三越前」駅 B6出口 徒歩 約6分
東京メトロ・東西線 「茅場町」駅 7番出口 徒歩 約7分
営業時間&店休日 9:00〜19:00
水曜定休
電話番号 03-6231-0860
メールアドレス nakajima@pacure.com
公式サイト http://www.itamino.com/
Share.

About Author

横浜の育児をもっともっともっと楽しく! 現役ママがつくる、ママのための横浜育児情報満載のフリーマガジン「はぴはぴ」編集部です。 横浜のママたちとたくさん繋がっていきたいです!

Comments are closed.