Please Mr Panda

0

こんにちは。英語えほんを紹介していますYukaです。

絵本や物語の面白さを左右する大きな要因として、「魅力的な主人公」は欠かせませんよね?

私の英語えほんのコレクションの中にも 数々の「いけてる」キャラクターが存在します。
以前紹介した英語えほんレヴューの中では、クールな猫のピートくんや、自分を完全に人間だと勘違いしている鳩くんが私のお気に入り。そして、次に「くる」のはこの不機嫌なパンダくんです!

Please Mr Panda

新品価格
¥826から
(2016/3/23 14:15時点)

まず、この主人公のパンダくん、可愛らしいパンダのイメージとはほど遠い感じの目つきの悪さ。ちょっとコワくて、そこが素敵(笑)。

頭にドーナツ屋さんの帽子をかぶって不機嫌顔でドーナツをくばり歩きますが、お客の動物達が「欲しい」と言うたびに、「やっぱり 気が変わったからドーナツあげない」を繰り返します。何が気に入らなかったのかは、最後に分かります。英語圏の子ども達が小さい頃からしつこく教え込まれる「お願いする時のマナー」がテーマの、ちょっとおもしろい教育絵本、と言ったところ。一読して、なるほど!と思ったあなたは、英語が得意な方かもしれません。

英文は見開きに1、2行で繰り返しが多いので難しくありませんが、ストーリーが追えないとオチが分からないので、英語を勉強している小学校低学年くらい向けかな?ネイティブならもっと小さい子でも分かるような内容なので、園児さんなら、ママが日本語で解説を加えながら読んであげるのもいいかもしれません。

Steve Antonyさんは若手の新人作家さん(割とイケメン?笑)ですが、他にも面白そうな絵本を次々出しています。私もこれから他の作品を読んでみようと思っています。また素敵な絵本に出会ったらご紹介しますね!

ではまた次回の英語えほんもお楽しみに〜。

Share.

About Author

読み聞かせヴォランティアサークル「英語の絵本でおはなし会」主催者/一般社団法人日本英語コーチ連盟:子ども英語コーチ 得意な科目は美術(図画工作)と音楽と英語。この3つを活かし子ども英語教室を開いている。子ども達に英語を教えていく中で、洋書絵本の色彩の美しさ、音の響きに魅了され、沢山のママと赤ちゃんに英語と絵本の読み聞かせの素晴らしさを伝えるべくヴォランティアとしても活動中。 "the happy boy" の小学生男子と"the sunshine girl" な幼稚園女子、"the craftman" な夫と共に西区在住。好物はチーズ、辛口白ワイン、トマト系パスタと夫の淹れた珈琲のフルコース。最近チョコレート以外の甘い物に惹かれなくなり、年齢を感じます。勿論いい意味で!

Comments are closed.